DPC シリーズ モデル220 超音波プレス

20kHz用のプレス(スタンド)でDPC 2 Plusモデル及びDPC 4 Plusモデルの発振器に接続して使用されます。プレス(スタンド)幅114mmとスマートに設計されている為に自動機やマルチヘッド使用に最適です。適合製品が最も広範囲におよぶ為に20kHzが大きなマーケットとなっております。最大加圧は2,300Ntで最大ストロークは177mmです。CEマーク他全ての国際安全規格に適合しています。

DPC シリーズ モデル220 超音波プレス 特徴

DPC シリーズ モデル222 超音波プレス
  • 幅114mmとスマートな為に自動機やマルチヘッド使用に最適
  • コンパクトなシングルレールリニアボール採用、フリクションフリーで安定
  • 且つ、正確な位置制御
  • 2段加圧は溶着と冷却時効果的に作用
  • オプチカルスピードコントールは正確で再現性のあるホーン作動を実現
  • メカニカルストップ(0.25mm毎調整可)
  • 自動機用ストローク上限リミットスイッチ
  • 全てのインジケーターを前面に配置し正面から全ての操作可能
  • クロームメッキ処理の支柱とチタンブースター、マグナムトランスデューサー
  • 内蔵可能なリニアエンコーダー(オプション)はマルチヘッドや自動機化に有利
  • リモートニューマティックはシステム化に有利
  • ベースユニット内のステータスインジケーター(電源、操作中、停止)
  • ツイストリリース式の非常停止スイッチ
  • アップグレードに適応した柔軟なデザイン
  • 周波数と出力表示は超音波スタックのチェックも可能 (DPC 4 Plus)
  • 全ての現行デュケインウェルダーシステムとの互換性

DPC シリーズ モデル220 超音波プレス オプション

  • ハイドロスピードコントロールは溶融速度の正確な制御可能
  • リニアオプチカルエンコーダーは177mmストローク全域で相対値・絶対値寸法制御による溶着が可能(分解能 0.01mm) DPC 4 Plus ディスタンスモジュール付が必要
  • 先発振・発振終了リミットスイッチ 発振終了スイッチは絶対値寸法制御に有利
  • EPR(電空レギュレーター)、ロードセルオプションは23段階加圧制御が可能
  • オプチカルサイクルスタートスイッチ

DPC シリーズ モデル220 超音波プレス 仕様

DPC シリーズ モデル220 超音波プレス 仕様
発振器タイプ DPC 2 Plus (T, E Type) / DPC 4 Plus (E, D, C Type) (4,000W以上を除く)
周波数 20kHz
オペレーション 両手スタート方式採用 / 非常停止押し釦
操作方法 φ38mm 空圧式シリンダー
供給エア 0.55MPa - 0.75MPa
最大加圧 2300Nt (@0.75MPa、標準φ76mmシリンダー使用時)
最大ストローク 177mm
重量 77Kg ※発振器を除く
スロート スロート長314mm (ホーンの中心からコラム中心まで)
安全基準 CEマーク他全ての国際安全規格

製品に関するご質問・ご相談・お問い合わせ

製品に関するご質問やご相談、その他お問い合わせなどお気軽にご連絡下さい。
なお、お電話でのお問い合わせは平日 午前9時から午後6時までの受付になります。ご了承ください。

TEL:04-7136-2165  FAX:04-7136-2166

お問い合わせ