iQ シリーズ モデルLE 超音波プラスチック溶着機

発振器は100%デジタル制御回路で構成されています。この新技術よって、発振器のサイズは約半分になり、非常にコンパクトになりました。同調周波数レンジ設定が可能になり、3種類(ワイド・ノーマル・ナロー)から選定出来ます。共振周波数が複数ある大型ホーンでも、同調周波数のロックが選択できる事で周波数とびを起こしません。又、殆どのモデルで客先にて特別なテスターなしで、ソフトスタートなどの調整が出来るようになりました。ソフトフィニッシュ(発振終了時スムーズに発振を終了する機能)が設定できる事も利点となります。周波数は15kHz及び20kHzがラインアップされています。溶着制御は時間、エネルギーのP4モデルと時間、エネルギー、距離制御のP5モデルがあります。

iQ シリーズ モデルLE 超音波プラスチック溶着機 特徴

  • 発振器内部は100%デジタル制御回路で構成
  • 先進のマルチコアプロセッサー技術が0.5ミリ秒処理速度で作動するので、高精度高再現性の溶着が可能
  • 完全な自動チューニング回路デジトラックを採用
  • ロードレギュレーション及びラインレギュレーション回路で安定した溶着を実現
  • パテントのパルス幅変調回路は無駄なパワーを必要とせず常に最適な振動状態で発振
  • 先進のリニアランプソフトスタート回路で電気的機械的ロスは最小で、発振器や共振体に無駄なダメージを与えない
  • 低発熱発振回路のためクーリングファンの常時作動は不要
  • タイムエネルギー制御を全機種標準搭載
  • リニアエンコーダー搭載で正確な位置制御も可能(P5モデルのみ)
  • 1%毎に設定可能なデジタル振幅制御機能(20~100%)
  • 2段加圧機構採用
  • 高剛性リジッドマウントブースターが標準
  • パラメーターの上下限範囲設定ができ、安定した生産に有効、合否判定も出力可能
iQ シリーズ モデルLE 超音波プラスチック溶着機

iQ シリーズ モデルLE 超音波プラスチック溶着機

iQ シリーズ モデルLE 超音波プラスチック溶着機 仕様 (各詳細仕様はお問合せ下さい)

iQ シリーズ モデルLE 超音波プラスチック溶着機 仕様
周波数及び出力 20kHz (1200W、2400W、3600W) 又は 15kHz (3600W、4800W)
電源電圧 1φ 200VAC (50/60Hz)、1200Wモデルのみ1φ 100VAC選択可能
供給エアー クリーンドライエアー 110kPa~770kPa
溶着制御仕様
  • P4モデル (タイム・エネルギー制御)
  • P5モデル (タイム・エネルギー及び距離制御)

製品に関するご質問・ご相談・お問い合わせ

製品に関するご質問やご相談、その他お問い合わせなどお気軽にご連絡下さい。
なお、お電話でのお問い合わせは平日 午前9時から午後6時までの受付になります。ご了承ください。

TEL:04-7136-2165  FAX:04-7136-2166

お問い合わせ