iQ シリーズ Auto-Plus 超音波発振器

iQ Auto-Plus超音波発振器は、自動車部品、航空部品、パッケージング、繊維業界向けに設計された発振器です。自動装置で使用することを考慮し、パネルマウント型のユニットは工業用通信プロトコルのiQ-LinQ及びDukaneの特許技術であるMPC(マルチポイント・プローブ・コントロール)ユニットと組み合わせて使用することが出来ます。

iQシリーズ発振器はデュケインの特許技術を駆使して設計されたオールデジタル発振器です。マルチコアプロセッサーによる0.5msでの高速サンプリングレートは、ハイレベルな精度と再現性を実現しました。独自のモジュールデザインにより、簡単に機能の拡張も行えます。

デジタル制御機能

  • 100%デジタル制御化された全ての発振器の機能とパラメーターは、精密且つ確実な制御を可能にし、また将来的な機能のアップグレードも容易に行うことができます。
  • 最新鋭のマルチコア構造による0.5msのデータサンプリング速度は、溶着の精度と信頼性を向上させます。
  • 統合されたイーサネットIP、USB、RS232ポートにより、外部機器からのデータ収集及び発振制御に柔軟性を持たせることが出来ます。
  • 3段階の安全な起動シーケンス:
  • 1)AC電源の突入保護、2)システム監視モニター、3)プラグアンドプレイ対応の構成ID。
  • デジトラックチューニングは、共振周波数をデジタル的に追尾し、発振周波数とスタック(振動子+ブースター+ホーン)の共振周波数が合うように自動的に設定します。
  • オーバーロード保護機能は、発振器を安全な状態に保ち、また不具合発生時のトラブルシューティングを容易にします。オーバーロードの出力リミットは、発振器の最大容量により決められています。
  • ラインレギュレーション及びロードレギュレーションは、発振中の負荷変動や、入力電圧の変動に影響されず、常に安定した振幅を保つことが出来ます。デュケイン独自の閉回路振幅制御技術により、入力電圧や出力負荷レベルの変動を補正し、設定された振幅を1%以内の誤差で維持し、溶着工程の安定性を高め、またサイクルタイムを短縮させます。
  • 高速タクト対応 ? iQ Auto-Plus発振器は、毎分225回の溶着を行うような状況でも安定してご使用頂けます。対応可能なサイクルタイムは、アプリケーションやシステムの仕様によって異なりますので、御相談下さい。
Auto-Plus 超音波発振器

Auto-Plus 超音波発振器

iQ Auto-Plusインターフェース及びI/O

iQ Auto-Plusインターフェース及びI/O

システムI/O

Pin 信号の説明
1 有効出力(+22V)
2 有効入力(ピン1とジャンパー)
3 オーバーロード出力
4 レディ出力
5 エラー出力
6 超音波ステータス出力
7 出力コモン
8 リモートセットアップ0入力
9 リモートセットアップ1入力
表示器 状態 説明
ステータス 緑 - 点灯 レディ
黄 - 点灯 非常停止中
橙 - 点灯 サイクル中
赤 - 点灯 オーバーロード
赤 - 点滅 ピークオーバーロード
青 - 点灯 周波数ロックエラー
黄 - 点滅 出力異常

iQ シリーズ Auto-Plus 超音波発振器 通信

出力トリガー(パテント 7,475,801)

デュケインの特許技術である出力トリガーは、より安定した溶着を可能にします。発振開始時におけるパーツへ与える圧力/荷重が充分且つ安定した状態となります。

出力トリガーは、コスト効果に優れた荷重トリガーの代替手段になります。荷重トリガーではロードセルや基板、ケーブル等のコストがかかる追加部品が必要となりますが、出力トリガーにはこのような追加部品は必要ありません。

超音波スタックをロードセルの代わりとして使用し、設定したトリガー振幅で発振を行いながらホーンが下降し、ワークに接触して出力が上昇し、既定の出力に到達したら溶着振幅に切り替わり、距離制御やエネルギー制御などの通常の溶着サイクルを行います。

PCユーザーインターフェース

iQ Auto PlusのPCインターフェースツールは、全てのiQ Auto Plus発振器に標準で使用できます。これによりユーザーはPCと発振器を接続し、溶着条件設定やI/O設定、システム診断などを容易に行うことができます。インターフェースツールの接続は、前面パネルのハイスピードUSB通信プロトコルに対応したUSBコネクタで行われます。

システムパラメーター

システムパラメーター

このウィンドウでは、振幅、フリーラン周波数、発振周波数の上下限設定を行うことが出来ます。

I/Oステータスモニター

I/Oステータスモニター

このウィンドウは、全てのシステムI/O信号をリアルタイムで表示し、システムの状態解析、トラブルシューティングに役立ちます。MPCモジュールの接続状態も表示されます。

iQ LinQ

iQ LinQ

スタック診断

ユーザーは使用するスタックのテスト発振を行う事ができ、出力や周波数のリアルタイムデータを確認することが出来ます。またスタックスキャン機能は、フリーラン周波数を最適な状態に設定します。

iQ LinQイーサネット/IPモジュール

イーサネット/IPポート搭載でiQ発振器をイーサネット/IPネットワークに接続することが可能です。

イーサネット/IPによるパラメーター制御
  1. 溶着制御モードを時間、エネルギー、ピークパワーから選択し、その値を設定。
  2. 振幅、ランプアップ時間、ランプダウン時間を設定。
  3. 出力トリガーの使用/未使用、設定値の入力。
  4. 冷却の使用/未使用、設定値の入力。
  5. アフターバーストの使用/未使用、遅延時間、発振時間の設定。
  6. 疑問品の使用/未使用、上下限値の設定。
  7. 不良品の使用/未使用、上下限値の設定。
  8. フリーラン周波数、周波数ロック、周波数リミットなどの高度なハードウェア設定。
イーサネット/IPによって取得可能なパラメーター
  1. 全てのパラメーターがイーサネット/IPによって制御可能です。
  2. 溶着機の状態(超音波発振のオン/オフ)、周波数、出力、振幅などのリアルタイムデータ。
  3. サイクルカウント、良品/不良品/疑問品の溶着判定情報、溶着時間、エネルギー、ピークパワーなどの溶着サイクルデータ。

iQ シリーズ Auto-Plus 超音波発振器 仕様

iQ シリーズ Auto-Plus 超音波発振器 仕様

iQ LS-E発振器仕様表

iQ LS-E発振器仕様表
周波数 モデルナンバー 最大出力 電源仕様
20kHz 20AT060-1X-XX 600W 単相AC100-120V  50/60Hz  15A
20kHz 20AT060-2X-XX 600W 単相AC200-240V  50/60Hz  6.3A
30kHz 30AT060-1X-XX 600W 単相AC100-120V  50/60Hz  15A
30kHz 30AT060-2X-XX 600W 単相AC100-120V  50/60Hz  15A
40kHz 40AT060-1X-XX 600W 単相AC100-120V  50/60Hz  15A
40kHz 40AT060-2X-XX 600W 単相AC100-120V  50/60Hz  15A

※:本書の仕様・内容は予告なく変更する場合がございます。

iQ シリーズ Auto-Plus 超音波発振器 オプション

  • 750Wへのアップグレード(20kHz及び30kHzのみ)
  • 高出力アプリケーション用追加ヒートシンク
  • MPC(マルチ・プローブ・コントロール)キット
  • iQ LinQ:イーサネット/IP、プロフィバス、RS232

Auto-Plus 超音波発振器

iQ Auto-Plusは縦置きでも横置きでも取り付け可能です。
(左の写真はオプションの追加ヒートシンクをつけたモデルです)

製品に関するご質問・ご相談・お問い合わせ

製品に関するご質問やご相談、その他お問い合わせなどお気軽にご連絡下さい。
なお、お電話でのお問い合わせは平日 午前9時から午後6時までの受付になります。ご了承ください。

TEL:04-7136-2165  FAX:04-7136-2166

お問い合わせ