超音波溶着とは?

人間の耳に聞こえる音の領域は20Hzから20kHzと言われています。超音波はこの可聴周波数より高い周波数の領域を呼んでいます。また、超音波は通信的利用方法と動力的利用方法に分類されます。図に示されるように超音波溶着は動力的利用方法に入ります。

超音波溶着とは?

超音波溶着に使用される周波数は15kHz、20kHz、30kHz、40kHz、50kH及び70kHzです。超音波溶着は動力的利用ですから、電気的エネルギーを機械的エネルギーに変換します。電気的なエネルギーを機械的エネルギーに最大に変換する為には振幅、周波数、圧力が重要なファクターとなります。一般的には周波数が低い場合には振幅は大きくなり、周波数が高くなると振幅は小さくなります。最適な周波数、振幅、圧力が溶着されるプラスチック部品の接合部に伝達し、強力な摩擦熱を発生し、溶融・溶着が行われます。溶着後、プラスチックは分子結合され強力な溶着が得られます。

超音波溶着とは?

製品に関するご質問・ご相談・お問い合わせ

製品に関するご質問やご相談、その他お問い合わせなどお気軽にご連絡下さい。
なお、お電話でのお問い合わせは平日 午前9時から午後6時までの受付になります。ご了承ください。

TEL:04-7136-2165  FAX:04-7136-2166

お問い合わせ